寅さんのマドンナ、着物姿のよく似合う女優池内淳子さんが<訃報>


着物姿のよく似合った

女優の池内淳子さんが
死去した。

映画では森繁久弥主演の喜劇「社長シリーズ」「駅前シリーズ」で芸者役を演じる一方、 松本清張原作「けものみち」ではヒロインを

男はつらいよ 寅さんのマドンナとして
「8作 寅次郎恋歌」
などに出演。





 映画、テレビ、舞台など幅広く活躍した女優の池内淳子(いけうち・じゅんこ、本名・中沢純子=なかざわ・すみこ)さんが26日午後4時21分、肺せんがんのため死去した。76歳。葬儀は済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 東京生まれ。日本橋三越勤務を経て、1955年の映画「皇太子の花嫁」でデビュー。薄幸なヒロインなどを演じ注目を集めた。昼の帯ドラマなどに人妻役で出演し、“よろめき女優”と称されたり、65年に始まったTBSのテレビドラマ「女と味噌汁」シリーズでは、和服にかっぽう着姿が人気を博し、“20パーセント女優”の異名を取るなど、お茶の間で広く親しまれた。

 舞台でも69年の「天と地と」以降、活躍。01年「空のかあさま」で芸術選奨文部科学大臣賞、82年「おさん」で菊田一夫演劇賞、00年「月の光」「三婆」で同賞大賞。02年紫綬褒章、08年旭日小綬章。
[PR]
by kobusi74k | 2010-09-30 13:42