「花アルトキハ花ニ酔ヒ 風アルトキハ風ニ酔フ」書家  榊莫山さん逝く


「花アルトキハ花ニ酔ヒ 
風アルトキハ風ニ酔フ」


関西弁の飾らない
ひょうひょうとした語り口

著書に「書百話」「野の書」「莫山美学」「草庵に暮らす」


詩書画一体の独自の作品と
飄逸(ひょういつ)な随筆などで知られ、
テレビ出演も多かった書家の榊莫山(さかき・ばくざん)さんが
3日午前4時13分、急性心不全のため
奈良県天理市内の病院で死去した。84歳だった。
自宅は三重県伊賀市菖蒲池1282。喪主は妻美代子(みよこ)さん。

 三重県出身。戦後、書を故辻本史邑(しゆう)に学び日本書芸院展で特選になるなど多くの受賞を果たした。しかし、50年代末に書壇から離れた。前衛的な書に挑みながら、「土」や「女」「花」「母」など漢字の持つ本源的なイメージを新しい造形感覚で表現し、「書壇の風雲児」として注目された。

 この書を土台に花木や小動物、大和の風景などを素材に、「花アルトキハ花ニ酔ヒ 風アルトキハ風ニ酔フ」など詩情に富んだフレーズを作った。詩と画と書を一体にした作品は多くのファンの心をとらえた。弟子はとらない主義だが、人柄と作品を慕う人々が「莫門」グループを作っている。

 文章もよくし、若いころから書の名作や道標など歴史の中で作られた「野の書」に注目。また、筆、墨、紙など書にまつわる「文房四宝」についての著作を次々と刊行。代表作に「書百話」(毎日新聞社)などがある。晩年は焼酎メーカーのCMにも登場しマルチタレントぶりを発揮した。
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-06 10:04