「100万回生きたねこ」絵本作家の佐野洋子さん死去 



絵本作家の佐野洋子さん
 絵本、童話、エッセー、翻訳などで幅広く活躍した。
ロングセラーとなった「100万回生きたねこ」

生と死を100万回繰り返してきた猫が、愛する猫の死を悲しんで後を追うように死に、ついに生き返らなかったという物語で、子どもから大人までが愛読。1977年の初版以降、発行部数は170万部を超えた。

詩人の谷川俊太郎さんは元夫。



絵本作家の佐野洋子さんが5日午前9時54分、乳がんのため東京都内の病院で死去した。72歳。

中国・北京生まれ。 武蔵野美大卒。ベルリン造形大でリトグラフを学び、帰国後、絵本、童話、エッセー、翻訳などで幅広く活躍した

 晩年はシニカルな視線で自らの老いを見詰めるエッセーを発表し、がんを文中で明らかにした。エッセー集に「神も仏もありませぬ」(小林秀雄賞)や、自身の母の思い出をつづった「シズコさん」など。

 他の絵本に「わたしのぼうし」「ねえ とうさん」「わたしいる」などがある。2003年に紫綬褒章。08年には長年の絵本創作に対し巌谷小波文芸賞が贈られた。

 
[PR]
by kobusi74k | 2010-11-06 12:58