「危険と隣り合わせの最前線」「海猿」<海上保安官>原作の小森さん

小森陽一さんは

ビデオ映像流出事件について、「やむにやまれず出した、と思いたい」

「海上保安官は『黙して語らず』です」

「口べたな人が多いが、一言で言うと正義の味方」

救難、警備の現場は一瞬の迷いが命取りにつながる。
即断即決が必要な仕事


現役の海上保安官。「保安官の誇りもあれば、苦悩もあったのでは。

動機は
見てもらえれば、逮捕が妥当な事案と分かってもらえる』

そのうえで「流出の是非は分からないが、それに至った経緯を考えるべきだ。

危険と隣り合わせの最前線が迷わなくていいような指針を、政府には示してほしい」
と語った。



小森陽一さん
 「海保」職員とはどんな人たちなのか。海上保安官の活動ぶりを描いた人気漫画「海猿」の原案・取材を手掛けた漫画原作者の小森陽一さん(43)は、ビデオ映像流出事件について、「やむにやまれず出した、と思いたい」と語る。

 小森さんは10年以上前から取材し、約200人の海上保安官に会って話を聞いた。初めての取材時には「海上保安官は『黙して語らず』です」と言われ、まともに話が聞けるまで半年かかったという。職員に対する一般的な印象は「口べたな人が多いが、一言で言うと正義の味方」。打ち解ければ、一緒にいて気持ちが良く、底抜けに笑う人ばかりだったという。

 一方で、「迷えない人たち」とも評する。救難、警備の現場は一瞬の迷いが命取りにつながるからだ。即断即決が必要な仕事と感じたという。

 生活に身近な警察官や消防士と違い、仕事の内容は一般の人たちに知られることは少ない。海猿などの作品を発表した際は、海上保安官の家族から「仕事の内容が分かった」と感謝の言葉が寄せられたという。

 今回「流出した」と告白したのは現役の海上保安官。「保安官の誇りもあれば、苦悩もあったのでは。動機は『政府に抗議したい』でも『国民が見るべき』でもなく、『見てもらえれば、逮捕が妥当な事案と分かってもらえる』という単純なところにあるのでは」と推測する。そのうえで「流出の是非は分からないが、それに至った経緯を考えるべきだ。危険と隣り合わせの最前線が迷わなくていいような指針を、政府には示してほしい」と語った。【神足俊輔】

毎日新聞
[PR]
by kobusi74k | 2010-11-12 10:11