低俗番組 おバカ路線がスポンサーの我慢の限界を超えた!



4月28日に発表されたある調査がTV界で話題になっている。
調査を行ったのは「優良放送番組推進会議」なる聞きなれない団体。

トヨタ、NTT、パナソニック、東京電力など、テレビ局にとっては
番組スポンサーとして喉から手が出るほど欲しい大手企業26社で構成する団体

NHK、民放で放送される37の報道番組のうち、優良と思われる番組。

この調査で1位に輝いたのが、なんと、
テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」(WBS)だったのである。
以下、「おはよう日本」
「クローズアップ現代」
「ニュース7」(いずれもNHK)、
「サンデーモーニング」(TBS)と続いている。

ある放送評論家。
「視聴率を気にしすぎるあまり、
おバカ番組だらけになってしまった
現在のテレビ界に対するスポンサーからの強烈なメッセージということです。

TVマンたちは“高視聴率=スポンサーが喜ぶ”と思って
低俗番組を作り続けているのでしょうが、
実は決してイコールではない。
むしろ、スポンサーたちは徐々に“
良質な番組を応援した方が企業イメージが上がる”と考えている。
それがなかなか理解されないので、
あえてショック療法に出たのではないか。
分かりやすく言えば、
今のおバカ路線がスポンサーの我慢の限界を超えた、ということです」






Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by kobusi74k | 2009-05-12 09:50