<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧



アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」など吹き替えは絶妙
世界の名優の吹き替えを担当。洋画、アニメなど作品を声で際立たせた



声優、俳優、DJ、演出家など多彩に活躍した野沢那智(のざわ・なち)さん(本名・野沢那智=やすとも)が30日午後3時36分、肺がんのため、都内の病院で死去した。72歳だった。

 
野沢さんは今年8月、病院で検査を受け、肺がんが見つかった。
すでに体中に転移しており、
抗がん剤治療を受けるも、この日、息を引き取った。

関係者は「穏やかな眠るような最期だった」と話した。

 
夢は劇団演出家だった。大学中退後、俳優修業をしながら、劇団「薔薇座」を結成。苦労続きだったが、アルバイトで始めた「アテレコ(吹き替え)」で人生が変わった。

アテレコの声をいかにつくるか。見合いをするようなもので、僕は直感に頼ります」と、当時アテレコで主流だった低音ではなく、高く、はずむようなテンポの声を選択。一躍、人気役となった。

素顔は低音でかみしめるような話し方だったが、「自分なりに新しいタイプをつくろうと思って、発声を変えてみた」と話した。その後、洋画、アニメの仕事が次々舞い込んだ。
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-31 10:27
 

女優小林綾子(38)は

温かなまなざしと
すべてを包むような包容力で
いつも優しくしてくださいました。
心に響く
深みのある山形弁で
お話しされる長岡さんの
大奥さまが、今でも忘れられません。



老衰のため102歳で亡くなった女優長岡輝子さんとNHK連続テレビ小説「おしん」(83年)で共演した女優小林綾子(38)は「突然のことで大変驚いています。おしんの撮影のときには、温かなまなざしとすべてを包むような包容力でいつも優しくしてくださいました。心に響く深みのある山形弁でお話しされる長岡さんの大奥さまが、今でも忘れられません。本当に寂しく、残念です。心からご冥福をお祈りします」とコメントした。

スポニチ
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-20 16:42

戦後の映画界を引っ張り「青い山脈」など“二枚目スター”
60年代の「昭和残侠伝シリーズ」実力派
90年代には文筆業でも活躍
大正、昭和、平成を生きた二枚目俳優。

 
「青い山脈」など戦後を代表する映画で知られる俳優の池部良(いけべ・りょう)さんが8日午後1時55分、敗血症のため東京都内の病院で死去した。92歳だった。

池部さんは約1か月前、体調不良を訴え、都内の病院に入院していた。死因は敗血症

高校生の男女交際をさわやかに描いた「青い山脈」(49年)での演技が話題を呼び、その後も「暁の脱走」「恋人」などに出演。映画出演作は150本以上。今井正さん、市川崑さんといった名監督に多く起用された。映画は「戦争と平和」「破戒」「早春」「坊っちゃん」「雪国」「暗夜行路」など、

More
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-12 09:49

武力弾圧された天安門事件にも指導者の一人
中国共産党の一党独裁体制廃止などを呼び掛けた
民主活動家、劉暁波氏(54)
 有罪判決を受け服役中。


【ロンドン共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、10年のノーベル平和賞を、中国共産党の一党独裁体制廃止などを呼び掛けた文書「〇八憲章」を起草したことなどを理由に有罪判決を受け服役している同国の民主活動家、劉暁波氏(54)に授与すると発表。劉氏は89年に民主化運動が武力弾圧された天安門事件にも指導者の一人として参加。同委員会は授賞を通じ、民主化を中国に強く迫った形。

劉暁波は
1955年12月、中国吉林省長春生まれ。
北京師範大学院で博士号を取得。米コロンビア大客員研究員として米国に滞在中、中国の民主化運動を知り、帰国。

89年6月の天安門事件で民主化運動に参加。
96年には言論の自由を求める「双十宣言」を発表して身柄拘束される。
何度も投獄されている。

08年12月には人権保障などを求める「08憲章」をインターネットで発表。
直前に身柄拘束され、
今年2月、国家政権転覆扇動罪で懲役11年、
政治権利はく奪2年が確定した。








国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-08 21:54
 

ノーベル化学賞受賞が決まった根岸英一さんは、
東大工学部応用化学科の同期会が卒業50周年を記念して
07年に作った文集に
「My Way−Pursuit of Happiness with Eternal Optimism」
(マイウエー 楽天主義に基づく幸福の追求)というタイトルで寄稿した。

 根岸さんは大学3年の夏、胃腸障害をこじらせて1年留年したが「留年中に考えたり悩んだりしたことがいまだに役立っている気がする」。
哲学書などを乱読し、たどり着いた結論が「Pursuit of Happiness in My Own Way(自分なりの幸福の追求)」だったという。

 幸福の条件でまず挙げたのが健康。
医者知らずで過ごしたといい、「先祖特に両親に感謝する」。妻すみれさんの存在も挙げ、けんかも数多いが「非常にラッキー。感謝している」と紹介した。

 指導者に恵まれた。ノーベル化学賞を受賞した米パデュー大のブラウン教授に師事し、79年の授賞式に招待されたことは忘れられない思い出だった。移民の子で大恐慌などを乗り越え大成したブラウン教授の姿から「楽天主義」を教えられた

 自分にあった職業を見つけられたことも幸せの条件だという。父が旧満州鉄道系の会社に勤務していたために満州で生まれ、小学6年の時に韓国で終戦を迎えた。戦後は神奈川県で暮らし、食糧難の中で農作業もした。

 「親せきに理工系は一人もいない」というが、高校2年生のころに理工系にしぼり、大学1年のころは電気工学を専門にすることを決めていた。しかし、ある電気関係の会社に就職した先輩から「うちの会社はケチ」と聞かされたことで方向転換。「応用化学が花形。給料もよいと聞いたので、簡単に応用化学に変えた」と振り返る。「大学院に残って研究するムードが学生間になかった」ため、帝人に入社。パデュー大に留学後に復帰したが、研究成果が企業化されなかった経験から「自分がやりたいことはアカデミックな研究かもしれない」と思うようになり、米国に戻る決心をしたという。

 「自由な目的を持って創造、開発と真理の追究に没頭できる職業はそう多くない。幸運だと思っている」。マイウエーで生きてきた人生を振り返った。【奥山智己】
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-07 12:03

「花アルトキハ花ニ酔ヒ 
風アルトキハ風ニ酔フ」


関西弁の飾らない
ひょうひょうとした語り口

著書に「書百話」「野の書」「莫山美学」「草庵に暮らす」


詩書画一体の独自の作品と
飄逸(ひょういつ)な随筆などで知られ、
テレビ出演も多かった書家の榊莫山(さかき・ばくざん)さんが
3日午前4時13分、急性心不全のため
奈良県天理市内の病院で死去した。84歳だった。
自宅は三重県伊賀市菖蒲池1282。喪主は妻美代子(みよこ)さん。

 三重県出身。戦後、書を故辻本史邑(しゆう)に学び日本書芸院展で特選になるなど多くの受賞を果たした。しかし、50年代末に書壇から離れた。前衛的な書に挑みながら、「土」や「女」「花」「母」など漢字の持つ本源的なイメージを新しい造形感覚で表現し、「書壇の風雲児」として注目された。

 この書を土台に花木や小動物、大和の風景などを素材に、「花アルトキハ花ニ酔ヒ 風アルトキハ風ニ酔フ」など詩情に富んだフレーズを作った。詩と画と書を一体にした作品は多くのファンの心をとらえた。弟子はとらない主義だが、人柄と作品を慕う人々が「莫門」グループを作っている。

 文章もよくし、若いころから書の名作や道標など歴史の中で作られた「野の書」に注目。また、筆、墨、紙など書にまつわる「文房四宝」についての著作を次々と刊行。代表作に「書百話」(毎日新聞社)などがある。晩年は焼酎メーカーのCMにも登場しマルチタレントぶりを発揮した。
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-06 10:04

市民税10%減税の恒久化
議員の定数・報酬の半減を掲げ、
反対する議会と対立。市議報酬を年間約800万円に半減させる


市長の支援団体が中心となってリコール手続きを始め、
8月27日から1カ月間にわたって署名集めをした。
署名は計46万人分を超え、
手続きに必要な法定数36万5795人分を上回る可能性が高まった。




 名古屋市議会解散請求(リコール)の署名運動を主導する河村たかし市長の支援団体「ネットワーク河村市長」は4日、市内の各区選挙管理委員会に署名簿の提出を始めた。団体の集計で署名は計46万人分を超え、無効分を除いても手続きに必要な法定数36万5795人分を上回る可能性が高まった。

法定数を超えた場合、議会解散の賛否を問う住民投票が実施される。解散の場合、河村市長は自ら辞職し、出直し市議選と市長選を11年2月に予定される愛知県知事選に合わせて行い、トリプル選とする意向。市議選には、自らが代表を務める地域政党「減税日本」から候補者を擁立し、議会での主導権確保を狙う考えだ。【高橋恵子】
[PR]
by kobusi74k | 2010-10-04 11:51