東京都内で男性最高齢の111歳とされていた加藤宗現さんが30年前に死亡していた驚愕(きょうがく)の事実が報道された
ことを機に、高齢者の所在が分からなくなっているケースが相次いでいる。

韓国でも多くの注目を集め、「長寿国の名に傷がついた」と報じるメディアもある。

韓国メディアは、
「日本=偽の100歳天国?」
「書類上では生きているが・・・あり得ない長寿大国日本」
などの見出しで、事例を紹介。

「長寿の国と自負する日本で、でたらめな記録が相次いで明らかになり、
日本の長寿大国の神話は崩れている」と伝えた。

100歳以上高齢者の所在不明の続出で、日本の長寿国の名誉にひびが入ったとの見方が多い。
[PR]
# by kobusi74k | 2010-08-05 16:51

 日本人の09年の平均寿命は
女性が86・44歳、男性が79・59歳で、
いずれも4年続けて過去最高を更新した

ことが、厚生労働省が公表した「簡易生命表」で分かった。

女性は08年より0・39歳延び、25年連続世界一。

男性も0・30歳延びたが、08年の4位から5位に順位を下げた。

4位より下になったのは1973年以来36年ぶり。男女差は6・85歳で、昨年より0・09歳広がった。









社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-07-27 08:55

トイレを磨けばべっぴんになれるんやで」という亡き祖母の教えを軸に、2人のきずなを歌手の植村花菜(27)が歌ったもの
祖母を思い出した」「家に帰ったらトイレを掃除する」など観客の絶賛の声

 「トイレの神様」は実体験に基づく曲。
3月にミニアルバム「わたしのかけらたち」収録曲としてリリース。大阪のFM局が9分52秒の曲を全編オンエアして以来口コミで広まり、アルバムは10万枚突破。
日本産業館の総合プロデューサーを務める作家の堺屋太一氏(75)が曲を聴き感動。植村の万博ライブを決めた。


約10分の楽曲「トイレの神様」が話題を呼んだ歌手の植村花菜(27)が13日、中国・上海万博の日本産業館で自身初の海外公演を行った。中国語の訳詞が字幕で流れると現地の観客は大拍手で涙を流す人も。同館で展示中の「世界一トイレ」とも対面し「大阪花博に行った小さいころ、自分がこんなことになるとは想像しなかった」と感激の様子だった。
[PR]
# by kobusi74k | 2010-07-14 09:22
 今年1月に「通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます」
遺言を残したつかこうへいさん


 10日午前、肺がんのため、入院中だった千葉県鴨川市内の病院で死去したつかこうへいさんが、残していた遺言が公表された。

 つかさんは、2010年1月1日付けで、「友人知人の皆様、つかこうへいでございます。思えば恥の多い人生でございました。先に逝くものは、後に残る人を煩わせてはならないと思っています。私には信仰する宗教もありませんし、戒名も墓も作ろうと思っておりません。通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます。しばらくしたら、娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。今までの過分なる御厚意、本当にありがとうございます」と遺言を残した。

 今年1月に肺がんに侵されていることを明かしたつかさんだが、それとほぼ同時期にこのような遺言を残していたことに驚かされる。そんな男気あふれるつかさんの早すぎる死が悔やまれる
[PR]
# by kobusi74k | 2010-07-13 06:34
 「天城越え」「さざんかの宿」など歌謡曲を中心に
童謡、アニメテーマ曲など幅広いジャンルの歌を手がけた作詞家の吉岡治(よしおか・おさむ)さんが、死去した。76歳だった。

山口県生まれ。昭和28年、作詞家で作家のサトウハチローの門下生となる。
昭和31年、「鳩笛ならそか」で作詞家デビュー。

以来、美空ひばり「真赤な太陽」、
大川栄策「さざんかの宿」、五木ひろし「細雪」、
石川さゆり「天城越え」、瀬川瑛子「命くれない」など
多くの歌謡曲を手がけ、都はるみ「大阪しぐれ」
、川中美幸「おんなの一生~汗の花~」などで日本作詩大賞を受賞。
平成元年には内田あかり「好色一代女」で日本レコード大賞作詞賞を受賞した。

また「おもちゃのチャチャチャ」(野坂昭如さん作詞の補作)、「あわてんぼうのサンタクロース」といった童謡のほか、テレビアニメのテーマ曲なども手がけ、「キャプテン翼」の主題歌「燃えてヒーロー」、「悟空の大冒険」の「悟空の大冒険マーチ」「悟空がすきすき」など子供向けの歌にも取り組んだ。

平成15年、紫綬褒章を受章。日本作詩家協会副会長も務めた。
[PR]
# by kobusi74k | 2010-06-03 12:35

このところ相次いで
すばらしい役者さんの
訃報を耳にする。残念なことです。


冷徹な悪役、残虐なやくざの親分や知的で冷酷なエリート。
会津若松生まれの温かい素顔。
数えきれない映画やドラマで活躍してきた名優が、逝った。


個性派俳優として知られ、佐藤慶(さとう・けい、本名・慶之助=けいのすけ)さんが2日午後4時19分、東京・世田谷区内の病院で肺炎のため死去していたことが6日、分かった。81歳だった。
3カ月ほど前に体調を崩し、入院していた。
 所属事務所によると、ここ数年、体力が落ち体調を崩すことが多く、入退院を繰り返していた。そのため仕事も控えていたが、今年初めに体調不良を訴え再入院。持病はとくになかった。

 昨年10月公開の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」(佐藤東弥監督)が遺作になった。
 
佐藤さんは福島県会津若松市出身。同市役所に勤務しながら演劇に傾倒し、1950年に上京して俳優座養成所の4期生となった。
59年に「人間の條件/第3・4部」の脱走兵役で映画デビュー。
大島渚監督(78)の映画「青春残酷物語」(60年)をきっかけに、大島作品の常連に。
新藤兼人監督(98)の「鬼婆」や故黒木和雄監督の「日本の悪霊」、
故今井正監督の「武士道残酷物語」などに出演。強烈な存在感と確かな演技で名監督に愛された。

「太閤記」や「徳川家康」などNHK大河ドラマの常連。その低い声や会津弁を生かし、ドキュメンタリー番組などでナレーションを務めることも多かった










Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-05-07 10:46

劇団民芸といえば
滝沢修、宇野重吉というすごい名優がいました。

その劇団民芸創立メンバーで、
おばあさん役などで名人芸を見せた
女優の北林谷栄さんが死去れました。
98歳。

映画では今井正監督作品 「橋のない川」などのほか、
「ビルマの竪琴」「キューポラのある街」
「阿弥陀堂だより」に名演技が記憶にのこる。
アニメ「となりのトトロ」ではおばあさん役を声で演じていた。

50年に劇団民芸の創立に参加し、
幹部女優として活躍した。
代表作は舞台「泰山木の木の下で」「粉本楢山節考」など。
映画では「ビルマの竪琴」などに出演

 4月27日午後8時40分、肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去。









Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-05-06 23:50

反骨精神の旺盛な文化人の訃報が目立つ 昨今であります。
そういえば これらの方々は 御年が すでに 70代。
惜しまれる 方々である。


ワイドショーのリポーターとして活躍した
放送ジャーナリスト、ばばこういち(本名馬場康一)さんが9日、
心不全で死去した。77歳。

大阪府出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日しのぶ会を開く。

文化放送勤務などを経てフリージャーナリストに。
「アフタヌーンショー」の「なっとくいかないコーナー」で
リポーターを務めて人気を集めた。
著書に「されどテレビ半世紀」など。
ジャーナリストの堤未果さんは娘






Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-04-12 17:17


作家の井上ひさしさんは
揮毫を頼まれると、
むずかしいことをやさしく/やさしいことをふかく/ふかいことをゆかいに/ゆかいなことをまじめに書くこと
とよく記していたそうです。

ひとの生命の はかなさを感じています

昨年10月にがんと診断され
治療を受けていた井上さん。
9日朝に入院先から帰宅したが、
夕方になって容体が急変した

肺がんのため9日、75歳で死去した
劇作家、作家の井上ひさしさんの密葬が12日、
神奈川県鎌倉市の自宅でひっそりと営まれた。

自宅には同日午前から、親族ら関係者が訪れた。







Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-04-12 16:29


母の介護をする私がいま病院で介護されてます。ご心配していただいたみなさん、ほんまにすみません」と謝罪した上で「いまベッドの上で母のオムツを借りてます。大は小を兼ねる、助かった」

母親の介護をしながら歌手活動

親孝行のジャズシンガー綾戸智恵さん(52)が
年老いた母親の介護疲れで倒れて緊急入院した。


6年前に脳梗塞(こうそく)を患い、
足を骨折した母親の介護を
1人で続けていた。





Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
# by kobusi74k | 2010-03-23 17:55