タグ:写真のセンス ( 1 ) タグの人気記事


d0106209_12141783.jpg





昔と今のデジカメ性能の違いで一番目立つのは、「画素数」

デジカメ黎明期は
数十万画素だったのが、今や1000万画素は当たり前

とかく、自分の撮影感覚やテクニックより
カメラの性能や技術を云々するのが
昔からの人間の習性ですね。

わたしのデジカメは
相変わらずニコンのクールピクス950を愛用してます




デジカメで写真が撮れるのは、
フィルムの代わりに「電子の眼」といわれるイメージセンサー、

レンズから入ってくる「画像」を電気的に読み取るから。
このイメージセンサーが読み取れる

画像の情報量を表すのが画素数だ。

画素数が多いほど画像の情報量も多く、
大きく伸ばしてもシャープな写真が得られる。






デジカメの画素数はどこまで増やせる? | Excite エキサイト
[PR]
by kobusi74k | 2009-04-11 11:54